B型肝炎の問題

B型肝炎ウイルスは、社会的にも大きな問題になっています。国内での推定感染者は100万人を超え140万人にも至るといわれている問題です。約40万人は、集団予防接種による感染であるところは、さらに大きな社会問題といえるでしょう。

集団予防接種集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染の問題は、注射器の使いまわしという今では考えられないところから発生しました。現代ではいかに危険なのかを認識しており、使い捨てを使うようになっていますが、当時は危険に対する認識が甘かったといえるでしょう。これは、社会的な問題であり、国の指導が甘かったということで、長く国を相手取り訴訟が続けられてきました。これが平成23年6月に原告と国の間で基本合意が締結されることとなり、平成24年1月に定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法されることになるのです。ここにおいて、ようやく国から保証されるようになったといえるでしょう。

給付金が支給されるようにはなりましたが、症状によっても金額が異なります。50万円から3600万円とかなり大きな開きがありますし、申請には期限も設定されました。給付金を受給するためには手続きが必要になってきますが、そこまで簡単におこなえるものではないところは注意しなければいけません。訴訟を起こさなければならないこと、さまざまな証拠を必要とするなど、ハードルは低くはないのが現状です。もし、給付金の需給を考えているのであれば、参考にしながら弁護士と交渉していくことがポイントになるでしょう。

B型肝炎の問題