無料相談を利用

B型肝炎の集団感染による給付金の申請を行った場合、和解の合意を得られないという可能性もゼロではありません。合意を取り付けた場合には、国は弁護士費用を4%支給することになるため、かなり負担は軽くなるでしょう。基本的に給付金から相殺されるかたちをとるため、あまり負担を感じることはありません。問題は合意に至らないケースですが、着手金無料となっていれば、初期に費用が発生することがないということになります。弁護士報酬が和解金に対して設定されている場合にも、報酬は発生しません。和解金を受け取っていないのですから心配はないということになるでしょう。相談無料であれば、費用は何も発生しないということになります。

無料相談実際に無料相談でも、本当に和解できるかどうかを判断することになるため、時間を無駄にしたりすることはほぼありません。可能性であって、絶対にそうなるというわけではありませんが、弁護士と相談してみることで、その先の道を考えられるようにはなるでしょう。これも無料相談であれば、ほとんど負担を感じずに進めていくことができるようになっています。素人では判断が難しい部分がありますので、まずは無料相談を利用してみるといいでしょう。

無料相談を利用