弁護士へ依頼

給付金B型肝炎ウイルスに感染した場合の給付金請求は、弁護士に依頼するのが最も簡単です。申請の手続きは非常に難しく、一次感染者と母子感染による二次感染者では必要書類が異なるなど、煩雑な手続きが大きな問題です。国としては給付金を支払いたくはないから難しくしているのではなく、集団訴訟から感染したことを証明してもらうことが必要になるからです。一般的に見れば、このハードルはかなり高く、難しいことには変わりがありません。ところが、弁護士にすれば、こういった書類作成を生業としており、スムーズに進めることができるようになっています。国としても、弁護士を利用することを前提としている部分もあり、補助もおこなっています。

弁護士事務所としてみた場合も、調査費用も掛かりますし相談も受けなければいけませんが、無料としているところも出てきました。社会的問題ということもありますが、かなり積極的に動いているといえるでしょう。被害者側から見た場合にも、大きな健康被害を受けているわけですから、スムーズに進めていくためにも、B型肝炎なら弁護士利用を考えてみるべきです。相談が無料になっている場合には、なにも負担することはありませんので、まずは相談から始めて、疑問点を解決させてみるのが、早道となるでしょう。

弁護士へ依頼