無料相談を利用

B型肝炎の集団感染による給付金の申請を行った場合、和解の合意を得られないという可能性もゼロではありません。合意を取り付けた場合には、国は弁護士費用を4%支給することになるため、かなり負担は軽くなるでしょう。基本的に給付金から相殺されるかたちをとるため、あまり負担を感じることはありません。問題は合意に至らないケースですが、着手金無料となっていれば、初期に費用が発生することがないということになります。弁護士報酬が和解金に対して設定されている場合にも、報酬は発生しません。和解金を受け取っていないのですから心配はないということになるでしょう。相談無料であれば、費用は何も発生しないということになります。

無料相談実際に無料相談でも、本当に和解できるかどうかを判断することになるため、時間を無駄にしたりすることはほぼありません。可能性であって、絶対にそうなるというわけではありませんが、弁護士と相談してみることで、その先の道を考えられるようにはなるでしょう。これも無料相談であれば、ほとんど負担を感じずに進めていくことができるようになっています。素人では判断が難しい部分がありますので、まずは無料相談を利用してみるといいでしょう。

無料相談を利用

弁護士へ依頼

給付金B型肝炎ウイルスに感染した場合の給付金請求は、弁護士に依頼するのが最も簡単です。申請の手続きは非常に難しく、一次感染者と母子感染による二次感染者では必要書類が異なるなど、煩雑な手続きが大きな問題です。国としては給付金を支払いたくはないから難しくしているのではなく、集団訴訟から感染したことを証明してもらうことが必要になるからです。一般的に見れば、このハードルはかなり高く、難しいことには変わりがありません。ところが、弁護士にすれば、こういった書類作成を生業としており、スムーズに進めることができるようになっています。国としても、弁護士を利用することを前提としている部分もあり、補助もおこなっています。

弁護士事務所としてみた場合も、調査費用も掛かりますし相談も受けなければいけませんが、無料としているところも出てきました。社会的問題ということもありますが、かなり積極的に動いているといえるでしょう。被害者側から見た場合にも、大きな健康被害を受けているわけですから、スムーズに進めていくためにも、B型肝炎なら弁護士利用を考えてみるべきです。相談が無料になっている場合には、なにも負担することはありませんので、まずは相談から始めて、疑問点を解決させてみるのが、早道となるでしょう。

弁護士へ依頼

弁護士費用と国の負担

B型肝炎ウイルスに集団予防接種で感染してしまった場合には、国から給付金が受給できるようになっています。ですが、問題は、訴訟を起こして認定されなければいけないところにあるでしょう。一般の訴訟とは異なり、かなり緩和はされています。これは、一般の裁判とは目的も内容も異なるためです。それでも、訴訟を起こすというところに違いはなく、負担がかかることも確かでしょう。訴訟ということでは、弁護士に依頼するというのが最も早い方法となっていきます。

書類ウイルス感染者として、厚生労働省に申請を掛けることになりますが、さまざまな書類を集めて証明しなければいけません。かなり面倒な手続きも出てきますし、書類も完璧に作成しなければならないでしょう。こうした手続きをすべて弁護士が代理しておこなっていけます。

B型肝炎特別措置法という、被害者救済を目的としたものですので、弁護士を依頼してもその一部は国が負担します。弁護士事務所の大半が、給付金の全額に対して8%を費用として設定していることが多くみられますが、国の負担金は4%になっているのがポイントです。つまり、訴訟を起こす側から見ると、実質4%の負担で済むことになりますので、書類作成などの手間を考えれば、かなり低いリスクといえるでしょう。

弁護士費用と国の負担

B型肝炎の問題

B型肝炎ウイルスは、社会的にも大きな問題になっています。国内での推定感染者は100万人を超え140万人にも至るといわれている問題です。約40万人は、集団予防接種による感染であるところは、さらに大きな社会問題といえるでしょう。

集団予防接種集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染の問題は、注射器の使いまわしという今では考えられないところから発生しました。現代ではいかに危険なのかを認識しており、使い捨てを使うようになっていますが、当時は危険に対する認識が甘かったといえるでしょう。これは、社会的な問題であり、国の指導が甘かったということで、長く国を相手取り訴訟が続けられてきました。これが平成23年6月に原告と国の間で基本合意が締結されることとなり、平成24年1月に定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法されることになるのです。ここにおいて、ようやく国から保証されるようになったといえるでしょう。

給付金が支給されるようにはなりましたが、症状によっても金額が異なります。50万円から3600万円とかなり大きな開きがありますし、申請には期限も設定されました。給付金を受給するためには手続きが必要になってきますが、そこまで簡単におこなえるものではないところは注意しなければいけません。訴訟を起こさなければならないこと、さまざまな証拠を必要とするなど、ハードルは低くはないのが現状です。もし、給付金の需給を考えているのであれば、参考にしながら弁護士と交渉していくことがポイントになるでしょう。

B型肝炎の問題